*

2014年5月

ミャンマーの食べ物

ミャンマーは、インドシナ半島に位置し、隣国をインド、中国にはさまれた国です。食文化も両国の影響を受けており、インド料理の辛さと、中国料理の脂っこさのいいところをとった物がミャンマー料理と言えるでしょう。ミャンマー料理は、基本的には、味が濃く脂っこいので、胃腸の弱い方はお腹を壊しやすいです。しかし、味は最高なので、脂っこさの割には食が大変進みます。ミャンマーの主食はお米(インディカ米)です。テーブルに並べられたおかずを、自分の好みでご飯の上にのせて混ぜて食べるのが一般的です。ミャンマー料理の中心的存在といえば、ミャンマーで約7割を占めるビルマ族の料理で、「カレー風煮込み」が中心です。インドやタイのものにイメージされるほど辛い料理ではなく、中には「カレー」という表現からややはずれるもの、また「煮込み」という表現からもはずれるものなど多種多様です。豚肉、牛肉、羊肉、鶏肉、魚肉、エビ、鳥の卵、豆などが具として使われます。ミャンマーの麺料理は、朝食や軽い食事、おやつとして気軽に食べられています。ミャンマーの代表的な麺料理といえば、モヒンガーが有名です。麺は米粉から作られており、基本的には茹でた麺に水を切って、別に煮てあるナマズを材料にした汁をかけて供されます。屋台などで50円くらいから注文でき、魚のすり身や、ゆで卵をトッピングで追加して食べられています。他には、モヒンガーに続いてミャンマーを代表する麺料理には、ココナッツミルクたっぷりのスープがベースの中華麺「オンノカウソエ」や、シャン料理の代表ですんだスープに細切り肉や野菜の漬物などがトッピングされた米粉麺「シャンカウスエ」、鶏ベースのスープで薬味でスパイシーにして食される米粉を使った太目の麺「ナンジードウッ」などがあります。夕方になると、町中には様々な屋台がでます。日本で言うと毎晩、夜店が出ている感じで、その数は半端じゃありません。屋台には初めて見る食べ物がたくさん並んでいます。ミャンマーの人は、開放的なお店が好きなので、屋台には人がたくさん集まります。こちらもぜひ挑戦してみて下さい。

上大岡・久里浜のおすすめ美容室




ミャンマーでのマナー

Version:1.0 StartHTML:0000000167 EndHTML:0000003358 StartFragment:0000000454 EndFragment:0000003342

国が変われば、人種や言葉は異なり、マナーの解釈もさまざま。日本で礼儀正しいとされる作法も、海外では失礼に当たる場合があります。ここではミャンマーの文化と社会的習慣において、注意しなければいけないことをいくつか紹介します。ミャンマーは仏教徒の国なので、仏教を冒涜するような言動は慎みましょう。また、パゴダ内は土足禁止です。靴下も脱ぎ裸足で歩きましょう。男女とも肌を大きく露出した服装はなるべく避けたほうがいいでしょう。ミャンマー国内には、外国人がいける場所といけない場所があるので注意が必要です。軍事施設や交通機関での写真撮影は原則禁止です。子供の頭には神が宿るとされているため、子供の頭をなでてはいけません。お年寄りや自分より年上の人の前につばを吐いてはいけません。靴のまま床に上がってはいけません。家の中では帽子をかぶってはいけません。爪楊枝を使うときやくしゃみをする時は手で口を覆って下さい。見知らぬ人の前では悪口を言ってはいけません。他人の家庭の問題には介入してはいけません。お客様からお金など借りてはいけません。自分のことを自分で誇ってはいけません。自分より年上の人や地位の高い人にものをあげる時は片手で渡してはいけません。他人の収入をあまり聞いてはいけません。人の寝室・個室には入ってはいけません。人が読んでいる手紙などは勝手に読んではいけません。人の家を訪問するときその人から何も借りてはいけません。年上の人の頭を触ってはいけません。僧侶に触れてはいけません。怪しい人ではなかったら家を訪ねてくる人の為ドアを早く開けて下さい。自分と先生と肩を並べて歩いてはいけません。自分が欲しくないものはもらってはいけません。自分は団体で一番上ではないときは、それ相応の場所に座って下さい。ナイフや刀はプレゼントをしてはいけません。海外旅行では、その国のマナーを知らなかったことで、突然のトラブルに出くわすことも少なくないでしょう。旅行を安全によりいっそう楽しむために大切なのは、訪れる国の習慣や風習を知り、それに合わせた作法を守ること。海外では「郷に入れば郷に従え」を忘れずに行動しましょう。

MINGLE上大岡店


化粧品

頑張ったお金で切れてた化粧品買ってきた。せっかくだからこの機会に揃えたよ。

化粧品2.jpgのサムネール画像

参照:tmbt.net

色々なメーカーの化粧水サンプルを試す友達がいて、

本品までたどり着いた商品があった。

彼女の顔を見た時スグ気付いたけどね。

化粧品は種類がとても多いし、自分に合うものを見つけることが

すごく大変。

でもなぜか化粧品選びって楽しいんだよね。

このブログにも化粧品のことが書いてあったよ。

リンゴスターファン

化粧品に興味ある人はこういうサイトを見ると楽しいと思います。