*

ミャンマーの食べ物

ミャンマーは、インドシナ半島に位置し、隣国をインド、中国にはさまれた国です。食文化も両国の影響を受けており、インド料理の辛さと、中国料理の脂っこさのいいところをとった物がミャンマー料理と言えるでしょう。ミャンマー料理は、基本的には、味が濃く脂っこいので、胃腸の弱い方はお腹を壊しやすいです。しかし、味は最高なので、脂っこさの割には食が大変進みます。ミャンマーの主食はお米(インディカ米)です。テーブルに並べられたおかずを、自分の好みでご飯の上にのせて混ぜて食べるのが一般的です。ミャンマー料理の中心的存在といえば、ミャンマーで約7割を占めるビルマ族の料理で、「カレー風煮込み」が中心です。インドやタイのものにイメージされるほど辛い料理ではなく、中には「カレー」という表現からややはずれるもの、また「煮込み」という表現からもはずれるものなど多種多様です。豚肉、牛肉、羊肉、鶏肉、魚肉、エビ、鳥の卵、豆などが具として使われます。ミャンマーの麺料理は、朝食や軽い食事、おやつとして気軽に食べられています。ミャンマーの代表的な麺料理といえば、モヒンガーが有名です。麺は米粉から作られており、基本的には茹でた麺に水を切って、別に煮てあるナマズを材料にした汁をかけて供されます。屋台などで50円くらいから注文でき、魚のすり身や、ゆで卵をトッピングで追加して食べられています。他には、モヒンガーに続いてミャンマーを代表する麺料理には、ココナッツミルクたっぷりのスープがベースの中華麺「オンノカウソエ」や、シャン料理の代表ですんだスープに細切り肉や野菜の漬物などがトッピングされた米粉麺「シャンカウスエ」、鶏ベースのスープで薬味でスパイシーにして食される米粉を使った太目の麺「ナンジードウッ」などがあります。夕方になると、町中には様々な屋台がでます。日本で言うと毎晩、夜店が出ている感じで、その数は半端じゃありません。屋台には初めて見る食べ物がたくさん並んでいます。ミャンマーの人は、開放的なお店が好きなので、屋台には人がたくさん集まります。こちらもぜひ挑戦してみて下さい。

上大岡・久里浜のおすすめ美容室





コメントする