*

生活

キャンペーン価格で二度びっくり

大阪の結婚式フラッシュモブについてのキャンペーンが行われているそうですね。キャンペーン価格で提供されるそうなんですが、フラッシュモブのプロポーズってなんかドッキリみたいで楽しいですよね。
im60.jpg
参照:http://www.mwed.jp/tokimeki/42/

ドッキリだけど、楽しいドッキリっていいですよね。テレビでやっているような人を不安にさせたり、怖がらせたりするドッキリは嫌いですが、人を喜ばせるドッキリなら大歓迎ですね。私も誰かドッキリで喜ばせてくれたらいいのになって思いました。

今からできるお金の整理。

自己破産の申し立てまでの間は訴訟の提起などの法に基づく手続きは許されます。

また自己破産に関する作業に入ったのち請求までに無駄な時間が費やされたときには訴えられるリスクが上がります。

債権保持人サイドにとっては残金の返済もしないで、それでいて破産といった手続きもなされないといった状況だと企業の中で完結処理を実行することができなくなります。

結局、審判によってどんなふうな決定がもたらされるとしても自己破産の申請人に払う力はないといえます。

取り立て屋もそういったことは認識しているので、訴訟というような威嚇で和解に持ち込み完済させるとか債務者の親子や一族に返済させるということを考えているケースも存在します。

(補足)西暦2005年1月1日改正された新破産法のもとでは自己破産申請をしたら差し押さえのような法律の要請に関しては実効性を失うことになります。

そうなると、従前の破産法の際と異なって裁判提起といったことをしようと無駄になる見込みが高いということになって、現実に訴訟をする債権人はほぼすべて消えてなくなると考えます。

そういうふうな意味合いでも、西暦2005年1月1日に改正となり破産制度は従来と比べて申請しやすくなったと思います。

返済督促によるケースでは支払督促という言葉は裁判官が借金者に直接、完済をせよという督促です。

オーソドックスな訴えをするプロセスとは違って、取立人の片側通行な発言を聞いて進むため通常の法廷のように裁判費用が大きくならないので業者がよく使う法的な手法です。

支払いの督促の手続きがあったら裁判所の通知が配達されることとなり、届いてから14日が経った場合、取立人は債務人の財(給与も含めて)に差押えが実行できるようになってしまうのです。

支払督促に対して異議申請をすることが可能ならばスタンダードな訴訟に移っていくことになるのが普通です。

(補注)オーソドックスな法廷闘争は長期化しがちですので免責がもらえるまでには判定がくだらない確率が高くなります。